大畑慶高ブログ月刊フルコンタクトKARATE連載中!

NPO法人日本武道総合格闘技連盟 副理事長
ワールドジャパン株式会社 代表取締役社長
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 富山城 上杉謙信と一向一揆が戦った北陸の名城 | main | 試合前日のよしまさのトレーニング >>

試合前日の緊張感

金曜日の夜、9時ごろ家に帰ってみるといつも起きているはずのよしまさがもう寝ていました。

妻に「今日は寝るの早いね!」

と聞くと、大泣きした後寝てしまったとの事。

理由を聞いて大笑い!

今日、夕食でカレーを食べている時は、上機嫌で

「明日も明後日もカレーが食べたい」

といっていたそうだ。

そして、妻が「明後日は、試合があるからカレーは食べれないよ。」

と言ったとたん、「お腹痛い・・・4回も戦う事出来ないよ。お腹も痛いし・・・」

と言って泣きちらして最後にはお母さんの手の中で寝てしまったとか!

大笑いです。

4回というのは、決勝戦まで含めてですので、本人の中では優勝を前提に試合をイメージして緊張しているようです。

5歳の小さな子供でも一人前に緊張してお腹が痛くなり現実から目を背けたくなる。

この話を聞いた時、戦いによって生存本能を刺激すると言う事は、子供の教育にとってとてもよいことだと思いました。

この緊張感を自分のものにして大人までやり続けたらすごく度胸のある人になる事は、想像に難くありません。

そんな子供達が、世界で活躍してくれたら僕にとってなんて幸せなことでしょう。

「よしまさ、がんばってください。お父さんは、あなたには心が強い子になってもらいたいから1年に6回は、試合に出させます。
試合の度にお腹が痛くなるかもしれません。
それでも大丈夫です。試合が終われば直っている事でしょうから!
安心して下さい!お父さんは、よしまさを甘やかせて弱い子にはさせないから」

試合にでるどの子も同じなのでしょう。
親は、ただ子供が成長して強くなる姿をイメージして厳しくするだけです。

大畑



1日1回のクリック↓のご協力をお願いします。
人気ブログランキング!
ありがとうございます。
これを励みにブログの更新をがんばります。

空手道禅道会横浜支部PCホームページはこちらをクリック!

posted by 大畑慶高

pookmark | comments(0) | trackbacks(0)

この記事に対するコメント

コメントする








この記事のトラックバックURL

http://ohhata.zendo.jp/trackback/218

この記事に対するトラックバック